西宮市 今津浜保全プロジェクト 緊急アクション

  1. HOME >
  2. プロジェクト >

西宮市 今津浜保全プロジェクト 緊急アクション

http://www.change.org/SaveImazuHama

今津浜が兵庫県によって計画されてる

ポンプ場建設により埋め立て、完全消失目前です!!

その窮地を皆さんの署名によって変えられます。

どうかお力添えをお願いします。

電子署名と詳しい浜救済運動の詳しい情報はChange OrgURLをクリック

http://www.change.org/SaveImazuHama

 

ポンプ施設の敷地内には機械が入る場所以外に余分なスペースが存在します。その場所は、浜を1/3は現在のまま残すことに十分であり、工事着工直前であっても入浜権や瀬戸内海を保全する観点からも、海と市民との接点、海の環境を保全することはとても重要です。

今津浜は奇跡の浜です。

過去二度の大規模な造成工事や人工的に大量の砂を投入されたにも関わらず、海の生命はそれに屈せず、生きようとその地獄のような環境から、住処にして現在も時間をかけて、現在も自然の力で回復させているプロセスを歩んでいます。

私達は、高潮や津波の脅威から周辺住民の人命を守ることには反対はしていません。

しかしながら、それを人命だけ守れれば良いという考え方はどうでしょう?海の生命達も 一緒に守り、生命を守ることが兵庫県の環境保全への考えや、西宮市の環境学習都市宣言を行った行政の未来に必要な道では無いでしょうか?

浜を僅かでも残す。私達はその浜の生命に接し、学び遊べる子供達の環境学習フィールド化を私達は提案します。

「人間の考えた計画なら、人が改めることもできる」

浜の生き物達には選択肢はありません。生命を奪われる脅威を計画の中心にいる行政や人々には届きません。それはアンフェアです。

工事着工直前の絶体絶命の危機を救うためには、ポンプ場建設スペースの

設計を見直す余地が必須で声をできるだけ集めるという事が、今は重要だと相談に乗ってくださる兵庫県県議や、西宮市議の方々も口を揃えてアドバイスを伝えてくださいます。

今なら間に合います。今津浜の絶体絶命のピンチを救う手段は、今はこの署名にサインしてできる限り大至急、沢山の賛同の声を、兵庫県、西宮市に届けることです。

どうか皆さん、そのためにお友達や、集まるイベントなどでこの情報をFacebook以外にも、Twitterやブログ、様々なSNSを通じてシェア、メッセージをあなたのメッセージと共に拡散してください。また特に西宮、兵庫のお友達にお知らせをお願い致します。     

 

用紙 A今津浜保全 要望書内容 表紙PDFリンクURLを用意致しました。イベントやご近所などへの賛同者をより増やすための運動にご協力いただくためにご活用ください。

https://acrobat.adobe.com/link/track?uri=urn:aaid:scds:US:5000eb06-f6b3-3928-80c4-f0fd436ed71b

B用紙 要望書紙署名 PDFリンクURL

https://acrobat.adobe.com/link/track?uri=urn:aaid:scds:US:aa121265-ea50-34ef-8351-80fcd02364bb

         

連絡先 菅原真樹 NPO BRIGHT HONUA JAPAN理事長

〒663-8223兵庫県西宮市今津巽町5-1,704号/090-8237-8811

makisugahara13@gmail.com

 

 

© 2022 NPO法人 BRIGHT HONUA JAPAN